三井住友銀行

三井住友銀行

三井住友銀行では、「One'sダイレクトサービス」という名前にてインターネットバンキングを口座手数料無料にて提供しています。また三井住友銀行の主なサービス内容は、残高や入出金明細の照会・振込み・定期預金や積積立の利用・外貨預金・投資信託・個人向け国債・証券総合口座開設等、実に多様です。

One'sダイレクトでは、実店舗やATMを利用するよりも、振込みの際の手数料が割安となります。


振込手数料は現在では、


同行同一支店宛  無料


同行の本支店宛

(振込額3万円未満)105円

(振込額3万円以上)210円


他行宛

(振込額3万円未満)105円

(振込額3万円以上)420円

というようになっています。他にも、10営業日先までの振込み予約機能もあります。

またセキュリティについては、ワンタイムパスワードの導入・ATMオートロックサービス・メールによる取引の報告・10桁の契約者番号によるお客様の特定・3つの暗証番号による厳重な本人認証システム・128bitのSSLの暗号通信方式、インターネット専用の暗証番号の設定等と様々な形で取り組まれています。

そしてワンタイムパスワードというのは、パスワード生成機と呼ばれる小型の装置によって、1分毎に更新されるパスワードを銀行取引ご利用時に入力し、本人確認を行うサービスです。これは一度使ったパスワードは無効なので、万が一パスワードを盗まれても、不正な取引を行うことは非常に困難なものになります。

それからATMサービスは、普段キャッシュカードを利用しない時は、ATMなどでの出金を完全に防御して、キャッシュカードの利用回数を指定することによって、必要な時に必要な回数だけ出金できるというサービスです。

他にも三井住友銀行のインターネットバンキングのホームページは、体験版サイトに加えて、便利な使い方ガイドなどを用意しているので、インターネットバンキング未経験の人かなり参考となるのではないでしょうか。

次の記事へ >> 三菱東京UFJ銀行
インターネットバンキング関連ニュース
インターネットバンキング 新着情報

インターネットバンキングについてご紹介します。インターネット場キングとはインターネットを経由して、銀行等の金融機関のサービスを利用することをさしており、オンラインバンキングともいいます。言葉が似ているので、インターネットバンキングとネットバンクは混同されがちですが、インターネットバンキングはネット上で各種取引ができる銀行サービスのことです。

そして、ネットバンクは実店舗を持たずに、全てインターネット上で取引を行う銀行のことです。最近では、携帯電話のインターネット接続機能を使ってネットバンキングが利用できるという、モバイルバンキングサービスもだんだん広まりつつあるようです。また各銀行によって、インターネットバンキングのサービス内容は様々なのですが、基本としては、預金の残高照会・入出金照会、・口座振込み・振り替えなど・ATMで対応しているサービスが利用できます。

インターネットバンキングの利用は、webブラウザを使用するものと、専用のソフトウェアを使うものの2種類があります。ただ専用のソフトを使った方がセキュリティを高めやすいですし、操作性も向上させることができます。ところが、ソフトウェアを新たに導入するのを負担に感じてしまうことが多いので現在はwebブラウザを使って利用できるサービスが主流になりつつあります。

インターネットバンキングの個人向けサービスは全都市銀行と全地方銀行、また全第二地方銀行というように多くの信用金庫で行われています。四国銀行の場合、これまで照会機能しか持たなかったのですが、2006年1月16日にようやくフルサービスを開始したそうです。そして最後まで未提供だった大正銀行についても2006年6月からサービスを開始しました。法人向けのサービスについても導入が広まっており、最後まで「法人向けインターネットバンキング不毛地帯」であった香川県についても2007年5月から百十四銀行がサービスを始めました。

近年にみられる勘定系システムと同じよにベンダ主導のパッケージを用いているところが多いそうです。都市銀行でもりそな銀行が地方銀行・第二地方銀行で多く採用されているANSERを旧あさひ銀行時代から採用しています。旧大和銀行は独自のシステムを採用していてりそな銀行になったあとにも「りそなダイレクト type Blue」として利用されていました。統合システムでは旧あさひ店の「りそなダイレクト type Red」に片寄せされており旧奈良銀行と合併した後にもしばらく経ってから単に「りそなダイレクト」に改称しています。

法人向けのインターネットシステムは、個人向けとは別のパッケージとなっているところもあります。みずほコーポレート銀行などが法人向けのANSER Webを採用しています。個人向けは独自システムであっても、法人向けがパッケージシステムを採用しているという銀行も少なくはありません。ただ単にネットバンキングとはいっても色々な背景があることがうかがえますよね。

インターネットバンキングのサービス名は「〇〇ダイレクト」という場合が多いみたいですね。インターネットバンキング専用支店を設けていることもあります。インターネットバンキングのサービスを利用する時に必要となるウェブブラウザについては、特定のウェブブラウザを推奨ブラウザとして指定していることが多いです。しかし、バージョンが古くてセキュリティ上問題のあるウェブブラウザを推奨している場合もあるため注意が必要だとおもいます。

また、ブラウザチェックによって、Windows XP/Vista以外のOSやInternet Explorer (IE) 6/7以外のブラウザからのアクセスを拒否している場合も見受けられます。その他にも、Windows以外のOSに対応かつIE以外のブラウザに対応していてもPDAやスマートフォン、携帯電話のフルブラウザからのアクセスを拒否するケースもあります。セキュリティ技術の向上によって2003年ごろからは法人向けのインターネットバンキングを提供する銀行がでてきました。

これは通常の機能に加え、総合振込などのデータ転送や外国為替取引などの機能が加わってきています。それまでアナログモデムで銀行のコンピュータに接続していたEBサービスなのですが、これと比べてみると利用料が安くてすむため、しだいに利用者が増えてきています。このような機能の違いから、多くの場合には個人向けと法人向けの利用資格は明確に分けられています。個人であっても事業性の口座では法人向けを利用することになるそうです。